各種健康診断

職場の健康診断、入社前・入学前の健康診断などのほか、胃がんのABC検診、がんのリスク検査(アミノインデックス)、骨粗鬆症検査も当院で行っています。
お問い合わせはこちら

胃がんとは?

胃がんとは、胃の正常な細胞が何らかの原因でがん細胞に置き換わることで発病します。がんを放置すると徐々に胃の外側のリンパ節や肝臓などの全身の臓器へと転移していきます。胃がんは早期発見すれば内視鏡などの負担の少ない手術でほぼ完治させることができますが、進行すると生命に関わる病気です。早期発見のため、胃がんの原因となるピロリ菌感染のある方は特に定期的な検診を受けていただくことが大切で、除菌治療を受けていただくことがすすめられます。

胃がんABC検診

ABC検診とは、血液検査で胃粘膜萎縮の指標となる「ペプシノゲン」と、胃・十二指腸潰瘍や胃癌の原因となる「ヘリコバクター・ピロリ菌」の抗体を同時に検査し、その結果により胃がんになる危険性を5つの群(ABCDE)に分類して判定する検診です。
胃の内視鏡検査を受けた方が良いか、定期的に受けた方が良いか知りたい方、ピロリ菌の感染の有無を知りたい方におすすめです。

検査方法・料金・所要日数

  • 採血のみで検査できます。
  • 料金は結果説明も含め4,700円(税込)です。
  • 特定検診などの採血と同時に行なうこともできます。
  • およそ4日程度で結果が判明します。

ABC分類判定基準

ABC検診 ヘリコバクターピロリIgG抗体
10未満 (-) 10以上 (+)
ペプシノゲン (-) A群 B群
(1+)~(3+)D群C群
A群 健康的な胃粘膜で、胃疾患の危険性は低いと考えられます。
B群 消化性潰瘍に留意する必要があります。
C群 胃がんの高危険群と考えられます。
D群胃がんのより高危険群と考えられます。
E群ピロリ菌除菌の群です。(除菌成功により胃がん発生リスクが30%に低下)
注意事項

以下の場合には、正しい結果が得られない可能性があります。

  1. 明らかな上部消化器症状のある方
  2. 食道、胃、十二指腸疾患で治療中の方
  3. 胃酸分泌抑制薬服用中もしくは2ヶ月以内に服用していた方
  4. 胃切除をされた方
  5. 腎不全の方
  6. ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療を受けた方

ABC検診はがんそのものを見つける検査ではありません。ピロリ菌に感染して胃粘膜に萎縮があるかどうかを判定し、さらに精密検査を行った方が良いか判定するものです。B~E群の方には胃がんや潰瘍の存在を確かめる精密検査(内視鏡検査)を受けていただくことがすすめられます。

胃がんはピロリ菌の感染との関係が強いことが知られていて、ピロリ菌を除菌することで胃がんの発生を減らすことができます。除菌治療で胃がんの発生を予防し、胃がんになってしまった場合でも内視鏡検査で早期発見することで内視鏡治療のような負担の少ない治療で完治させることが重要です。

「胃癌のリスク別検診」として企業や自治体の検診として普及し始めています。

 

アミノインデックス(がんリスクスクーリング)

採血で7種類のがんにかかっている危険性を判定できる検査です。 男性は胃、肺、大腸、膵臓、前立腺がん、女性は胃、肺、大腸、膵臓、乳腺、子宮・卵巣がんにかかっている可能性を数値化し 3つのランクに分けた結果がでます。

がん検診を受けたいが時間がない方、なるべく簡単な検査で今後どのような検診を受けたらよいか検討したい方におすすめです。

検査方法・料金・所要日数

  • 採血のみで検査できます。
  • 食後8時間以上あけ、午前中に採血する必要があります。
  • 事前に予約が必要です。(検査可能日は月・火・木・金曜日のみとなります。)
  • 料金は結果説明も含め、以下になります。
    男性5種(胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん) 26,800円 (税込)
    女性6種(胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん)  26,800円 (税込)
  • 予約があれば健診などの採血と同時に行なうこともできます。
  • およそ12日程度で結果が判明します。
  • 妊娠されている場合、検査値に影響がありますので検査は受けられません。

(従来の膵臓がんの含まれていない「男性4種」、「女性5種」、乳がん、子宮・卵巣がんのみの「女性2種」の検査は平成27年10月30日までは実施可能です。)

ヒトのからだは、約60%が水分、約20%がたんぱく質でできています。
このたんぱく質は、アミノ酸から作られていて、たんぱく質を構成する基となっています。 健康な人の血液中アミノ酸濃度は一定のバランスを保っていますが、 さまざまな病気になるとアミノ酸濃度のバランスに変化があらわれることがわかってきました。
「アミノインデックス」は、血液中のアミノ酸濃度バランスの変動を解析し、がんにかかっている危険性を予測する検査です。
胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんにかかっている危険性をA、B、Cのランクに分けて評価します。

 

マイクロアレイ血液検査

採血のみで消化器がんの有無を判定できる検査です。
胃がん・大腸がん・膵臓がん・胆道がんの有無を判定できます。

初期には症状が出ないにもかかわらず画像検査(CTや内視鏡など)をしないと診断がつきにくい消化器がんを特殊な薬剤の投与やX 線の被曝もなく検査できるのが特徴です。

検査方法,料金,所要日数

採血のみで検査できます。
食事の制限はありません。

健診などの採血と同時に行なうこともできます。
およそ21日程度で結果が判明します。

  • マイクロアレイとはがんなどの異物に対する体の反応を遺伝子レベルで測定できる最新の技術です。血液ががん細胞に反応する状況を遺伝子レベルでとらえることでき、これを利用し開発されたのがマイクロアレイ血液検査です。
  • 胃がん・大腸がん・膵臓がん・胆道がんの有無を採血のみで感度98.5%・特異度92.9%で判定できます。

検査料 :99,000円(税込)

「マイクロアレイ血液検査」について、NHK「ガリレオX」で特集されました。
是非ご覧ください。

 

Cologic(大腸がんリスク検査)

Cologicとは血液検査でGTA-446という長鎖脂肪酸の濃度を測定することで、大腸がんになりやすい体質になっているかを判定し、大腸がんのリスクを知ることができる検査です。
大腸がんのリスクを知ることでより有効な検診プランを考えることができます。

検査方法・料金・所要日数

  • 採血のみで検査できます。食事制限はありません。
  • 料金は結果説明も含め 19,800円(税込)です。
  • 健診の採血と同時に行なうこともできます。
  • およそ14日程度で結果が判明します。

血中のGTA-446濃度が低くなると大腸がんに罹患している頻度が高くなることがわかっています。
GTA-446は大腸がんの発生に対する体の変化や抵抗力を表しているものではないかと考えられており、少なくなると大腸がん発生に対する抵抗力が低くなり、大腸がんになりやすい体質を表していると考えられています。

この検査を受けていただくと、大腸がんの罹患リスクが「高リスク」か「低リスク」のいずれかに判定されます。
高リスクと判定された場合、低リスク群に比べ約25倍の危険度で、今現在大腸がんにかかっているか、将来大腸がんにかかると推定されます。
(リスクを判定する検査であり、大腸がんの有無を判定する検査ではありません。)

この検査は血液で判定でき、便からサンプルを採取する必要がないことも特徴です。

 

LOX-index(脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク検査)

LOX-indexとは血液検査で動脈硬化に関連する酸化(変性)LDLとsLOX-1を測定して算出した指標で、動脈硬化に関連する脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクを予測できると考えられているバイオマーカーです。
動脈硬化の進展をMRIなどの画像検査や一般の血液生化学検査で判明するよりも初期の段階から捉えられることで、早期発見・早期治療の開始ができることが期待できます。

検査方法・料金・所要日数

  • 採血のみで検査できます。食事制限はありません。
  • 料金は結果説明も含め 14,300円(税込)です。
  • 健診の採血と同時に行なうこともできます。
  • およそ14日程度で結果が判明します。

日本人約2500人を対象とした約11年のコホート研究(吹田スタディ)によると、LOX-indexが高い場合、低値の人に比べて、脳梗塞の発症率が約3倍、心筋梗塞の発症率が約2倍であることがわかっています。
また、心筋梗塞を発症した人の3割は、一般の健診で測定するLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値が低値であっても発症していたことがわかっており、一般の生化学検査では発症の予測は難しいことがわかっています。将来的な発症リスクを調べることで、今後発症リスクを低減していくきっかけになることが期待できます。

この検査を受けていただくと、脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクが「高リスク」、「中高リスク」、「中リスク」、「低リスク」のいずれかに判定されます。
リスク段階に応じて今後の生活習慣改善につなげるためのコメントや受けることがすすめられる検査が示されます。

風邪などの感染症にかかっている場合はsLOX-1が高値になることがあるので注意が必要です。

 

骨粗鬆症検査(MD法)

骨粗鬆症とは、骨密度の低下や骨の構造の劣化によって骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなる病気です。骨がスカスカになると、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。骨粗鬆症による骨折から、要介護状態になる人は少なくありません。

骨粗鬆症は自覚症状の乏しい病気です。背中が丸くなる、身長が縮むといった症状は徐々に起こるためなかなか病気であると気がつきません。したがって、気がついたときには病状がかなり進行していたということも少なくありません。骨粗鬆症によりもろくなった骨は、体の重みが加わるだけで潰れてしまうことがあります。 これを圧迫骨折といいます。圧迫骨折が起こると背骨がまがったり、身長が縮んだり、痛みを伴ったりします。ただし、このような状態になっても痛みを伴わない場合もありますので、日ごろから細やかな自己チェックが必要になります。

骨密度測定を定期的に行うことは骨粗鬆症の早期発見、早期治療のために重要です。

  • 料金 3,200円(税込)
    (骨折の経験や症状のある場合、保険診療が適応になる場合があります。)
  • 当院では手のX線検査を利用したMD法という検査法で骨密度の測定を行っています。

一般に女性は40歳を過ぎたら定期的に検診がすすめられます。
閉経後の女性は、1年に1度検診を受けるとよいとされています。

特に喫煙や飲酒習慣のある方や65歳以上の女性は骨折の危険が高くなっていることがあるので検査がすすめられます。

70歳以上の男性、喫煙や飲酒習慣のある50歳以上の男性にも検査がすすめられます。

 

内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査

  • 料金(健診の場合) 16,500円(税込)

*連続して治療や追加検査を行った場合、追加分は保険診療となります。
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)について詳しくはこちら

大腸内視鏡検査

  • 料金(健診の場合) 22,000円(税込)

*前処置薬、検査食費用が別途必要です。連続して治療や追加検査を行った場合、追加分は保険診療となります。
大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について詳しくはこちら

地図を読み込んでいます...