一般内科

高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などの生活習慣病の診断・治療・管理をはじめ、風邪やインフルエンザ、胃腸炎などの急性疾患の診断・治療、そのほか健康に関する問題やどの科にかかったらよいか分からない時などのプライマリ・ケア(初期診療)を行います。
X線検査、心電図、呼吸機能検査などの内科一般の検査、アナフィラキシー(蜂毒や食物アレルギーなどのショック)の自己注射薬「エピペン」の処方なども当院で行えます。
尚、高度な診断治療が必要と判断した場合は、速やかに適切な専門医をご紹介いたします。

生活習慣病

生活習慣病とは、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)といった生活習慣や体質によって起こる慢性疾患の総称です。
生活習慣病は、ほとんど自覚症状がありませんが、放置していることで脳卒中や心筋梗塞などの重篤な病気にかかる危険性が高まります。
治療は生活習慣の改善が重要ですが、食事のとり方、運動の種類や量、喫煙や飲酒、睡眠時間、ストレス管理など総合的に見直していく事で効果的に進めることができます。
内科では一人ひとりのライフスタイルを考慮した生活習慣改善のアドバイス、定期的な検査、薬物療法を受けていただけます。
健診で異常を指摘されている方や不安のある方はご相談下さい。

熱・咳・喉の痛み

これらは一般に風邪の症状ですが、肺炎、インフルエンザ、へんとう炎など風邪にみえて単純な風邪ではない病気もあります。風邪はウイルス感染なので細菌感染の治療薬である抗生剤(抗菌薬)は効果がありません。しかし抗生剤を用いた方が良い病気になっていることもあり、自己判断で治療が難しい時もあります。
内科ではこのような症状の相談を受付けます。
風邪には漢方もよく用いられます。
特に一般の風邪薬で眠気が出て困る方など漢方薬の処方も相談できます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸の簡易検査を受け付けています。(携帯型無呼吸モニターを貸し出して、自宅で睡眠中の無呼吸の回数などを測定し診断を行う検査を受けていただけます。)
睡眠時無呼吸の治療装置(持続陽圧呼吸療法)の処方も対応しています。

この他、気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、頭痛等の治療も内科で相談できます。
診断にCTやMRI等の当院では行えない検査が必要な場合は近隣の病院や診療所と連携して診療を行います。

地図を読み込んでいます...