各種予防接種

当院では、以下の各種予防接種を行っております。
法定定期予防接種、任意予防接種のほか海外渡航時にすすめられる各種予防接種、マラリ
ア予防薬の処方に対応しています。
インフルエンザ以外の予防接種は予約制ですので、お電話等で事前にご予約下さい。
お問い合わせはこちら

ワクチン名 公費有無など
インフルエンザ予防接種
インフルエンザはウイルスが気道に感染することによって発症し高熱が出たりします。冬場に流行しますので流行前に予防接種を受けておくことがすすめられます。
自費3500円、13歳未満は3000円
杉並区65歳以上の方は助成利用で自己負担が2500円
A型肝炎ワクチン
A型肝炎はウイルスが水や食物を通して経口感染することで発症します。流行地への滞在予定のある方は予防接種を受けておくことがすすめられます。
自費7900円
B型肝炎ワクチン
B型肝炎はウイルスが出産時の母子感染や性交渉などをきっかけに血液感染して発症します。慢性化して肝硬変や肝がんの原因になったりします。国によっては定期接種項目となっています。家族の方が感染されている場合などは特に予防接種がすすめられます。
自費4700円
破傷風トキソイド
破傷風(はしょうふう)は破傷風菌が傷口などから感染して発症する死亡率の高い病気です。効果を維持するには定期接種後も10年ごとの追加接種がすすめられます。
自費3500円
狂犬病ワクチン
狂犬病は感染した動物に噛まれたり傷をなめられたりして発症する死亡率の高い病気です。流行地への滞在予定のある方は予防接種を受けておくことがすすめられます。
自費15000円
不活化ポリオワクチン
ポリオは小児まひとも呼ばれ手足にまひを起こす病気です。海外の流行地に滞在予定の方は予防接種をしている成人であっても追加接種を行っておくことがすすめられます。
定期接種対象者は無料
自費8700円
DPT-IPVワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)
ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ混合ワクチンです。
ジフテリアは高熱や呼吸困難を伴うことがある上気道の感染症。百日咳(ひゃくにち ぜき)は激しい咳の発作がおこる気道感染症。破傷風(はしょうふう)は、破傷風菌 が傷口から侵入しておこる死亡率の高い感染症です。
定期接種対象者は無料
日本脳炎ワクチン
日本脳炎はウイルスを持っている蚊に刺されて脳炎になり、けいれんや意識障害などが起こる病気です。
定期接種対象者は無料
自費6000円
麻疹ワクチン
麻しんはウイルス感染で起こる発疹や高熱を伴う感染力の高い病気です。
定期接種対象者は無料
自費5500円
風疹ワクチン
風しんはウイルス感染で起こる発疹や高熱を伴う病気で、妊婦が感染することで胎児に障害の出る先天性風疹症候群が起こることで問題となる病気です。
定期接種対象者は無料
自費5500円
MR(麻疹・風疹)
麻しんと風しんの2つの病原菌に対するワクチンです。
定期接種対象者は無料
自費8600円
ムンプスワクチン(おたふくかぜ)
おたふくかぜや流行性耳下腺炎とも呼ばれ、ウイルスの感染で耳下腺が腫れて痛みの出る病気です。成人では精巣炎や卵巣炎を起こすこともあります。WHOは2回接種を推奨しており、日本以外の多くの先進国では2回接種が行われています。
杉並区任意接種対象者は自己負担が1560円
自費5560円
水痘ワクチン
水痘は「みずぼうそう」とも呼ばれウイルスの感染で水ほうを伴う発疹や熱が出る病気です。
定期接種対象者は無料
自費7650円
肺炎球菌ワクチン(成人)
肺炎の代表的な原因菌である肺炎球菌のためのワクチンです。65歳以上の方や免疫力の低下している方にすすめられます。23価ワクチンは5年以上経過した場合は再接種ができます。
定期接種対象者は4000円
23価ワクチン 8000円、13価ワクチン 10100円
肺炎球菌ワクチン(小児)
小児で重症化すると生命に関わったり後遺症が残ることがある肺炎の原因菌に対するワクチンです。生後2か月~5歳を対象に接種を行っています。
定期接種対象者は無料
Hibワクチン
死亡することや後遺症が残ることがある細菌性髄膜炎の原因となるインフルエンザ菌b型に対するワクチンです。生後2か月~5歳を対象に接種を行っています。
定期接種対象者は無料
子宮頚がんワクチン
子宮の入り口にできるがんの原因となるウイルス(HPV)に対するワクチンで、ウイルスの感染を防ぎ、がんを予防するために接種します。
定期接種対象者は無料
自費15800円
ロタウイルスワクチン(1価、2回接種)
2回の接種が必要です。
初回は生後14週6日までに接種することが推奨され、接種間隔は4週間以上です。
ロタリックス 自費 14000円
ロタウイルスワクチン(5価、3回接種)
3回の接種が必要です。
初回は生後14週6日までに接種することが推奨され、接種間隔は4週間以上です。
ロタウィルスは感染力が強いため、ほとんどの乳幼児が感染します。激しい嘔吐や下痢、発熱を伴い、脱水症状やけいれんを起こしたり、脳症や脳炎等を合併することもあります。
ロタテック  自費  9500円
髄膜炎菌ワクチン
死亡することや後遺症が残ることがある侵襲性髄膜炎菌感染症の原因となる髄膜炎菌に対するワクチンです。アフリカ中部に流行地域があり、先進国でも散発的に認められる感染症で、学校などで集団感染を起こすリスクがあるため、米国では11~12歳での接種が推奨されています。特にアフリカへの渡航や米国、英国等への留学の際に接種がすすめられます。
自費25000円
BCG
結核を予防するためのワクチンです。
定期接種対象者は無料
地図を読み込んでいます...