禁煙外来

喫煙は肺がんをはじめとする多くのがんを引き起こすことが明らかになっています。また呼吸器疾患だけにとどまらず脳卒中、心筋梗塞、歯周病、胃潰瘍、肌の老化までもが喫煙による影響を受ける喫煙関連疾患であることがわかっています。
しかし健康に良くないと分かっていても、ニコチン依存や心理的依存があるため簡単に禁煙はできないものです。当院では内服薬や貼付薬を併用した禁煙治療・指導を行っています。一定の要件を満たすことで、保険診療での対応も可能です。あなたも「お医者さんと禁煙」を始めてみませんか?

ニコチン依存度チェック

禁煙治療とは喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方です。
ニコチン依存症の診断に利用されるTDS(Tabacco Dependence Screener)というテストで、あなたもチェックしてみましょう。

設問内容  
1 自分が吸うつもりよりもずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか
2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか
3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか
4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5 4 の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか
6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか
7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか
8 タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか
9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか
 合計  

TDS(Tabacco Dependence Screener:0~10点)で、5点以上の場合は、ニコチン依存症の可能性が高いと考えられます。

禁煙治療の流れ

禁煙外来ではおよそ次のような流れで治療が実施されます。

初回診療(0週目)

初診時の問診では、治療法の説明の他、禁煙治療の条件の確認が行われます。
また、呼気中(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定(タバコに含まれている有害成分の摂取状況の把握)、禁煙開始日の決定と「禁煙誓約書」へのサイン、治療のための禁煙補助薬の処方を受けます。

再診(2、4、8、12週目)

呼気中一酸化炭素濃度測定器
呼吸中の一酸化炭素を定期的に検査することで、治療効果を判定します。

①診察
②呼気一酸化炭素濃度の測定
③禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
④禁煙補助薬の処方

※保険で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は約3か月です。

※保険が適応された場合、この期間での診察料、薬材料を含めた治療費用はおよそ2万円以内となると考えられます。

禁煙治療が保険適用となる条件

ニコチン依存症のテスト(TDS)で5点以上、35歳以上の方は(1日の喫煙本数)×(喫煙年数)=(ブリンクマン指数)が200以上、直ちに禁煙しようと考えていること、禁煙治療を受けることを文書により同意していることが保険適用の条件です。
薬局での薬剤費についても同様に保険が適用されます。
条件に該当しない場合でも自由診療での禁煙治療は相談できます。

※過去に健康保険で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。